建築・構造物の検査・探査・調査・診断
Jast株式会社ジャスト西日本

ご連絡: 0877-46-7973
受付時間: 9:00 ~ 17:00

既存建築物調査

耐震診断、劣化診断およびマンション診断

マンション診断 既存建物の耐震、劣化診断では、現行の安全基準以前の旧耐震法に基づいて建てられた建築物において、外観劣化調査、図面照合調査、不同沈下測定、コンクリート圧縮強度調査、鉄筋かぶりと腐食状況調査、コンクリート中性化試験を行い、現行法の基準を確保しているか調査します。

図面照合調査は、壁配置や開口部の現況をスケールを用いて実測調査し、設計図面と現況との相違が認められる箇所については該当箇所の寸法の実測を行い、図面に記録し整理したうえで現状との差異を洗い出し、設計図面に沿って建築されているかの確認を行います。

不同沈下測定は、建物の垂直、水平度合いの測定を行い、建物が傾いていないか確認します。
不同沈下を起こしていた場合は、建物の構造を支える部材が不同沈下によって平行四辺形や台形に歪み、一ヵ所に荷重が集中します。
一ヵ所に荷重が集中すると、建築物の耐荷重を超過してひび割れやひずみが発生したり、最悪の場合は半壊や倒壊等の被害が発生するなど、建築物に深刻な被害をもたらす危険性があります。

マンション診断では建物および設備配管、電気、防災設備等、各種設備の損傷度合いを調査します。
現状を簡易的に把握するため、事前にアンケート調査や不具合箇所の確認を行い、その後補足調査として屋根、床、階段、外壁、給水および防災設備の目視点検による現状把握、外装タイルの付着力試験、赤外線カメラによるタイル浮き調査、中性化および強度試験によるコンクリート調査、設備配管のX線撮影、内視鏡による観察等の多岐にわたる調査を行い、維持修繕に必要な資料を提供します。

本調査は調査員5名程度(最大8名程度)にて約2~2日間の期間で実施します。
これらの調査には多少の機器騒音や打診調査に伴う打撃音が発生するため、事前の打ち合わせにおいて調査箇所や立ち入り場所の選定、時間的な制約等の取り決めを行います。

外壁剥離調査

赤外線サーモグラフィー法 建物の外装材であるタイルやモルタルは、経年劣化により浮きや剥離などの症状が発生します。
この症状に対し建物外壁をテストハンマーで打診し、音の違いにより浮きや剥離の発生の有無を判断します。
調査はコンドラや高所作業車を使用し、タイル1枚単位で行います。
あわせて、ひび割れやシーリング材の劣化状況も調査します。
また打診での調査以外にも、赤外線サーモグラフィー法によるタイル剥離調査も行っています。

赤外線サーモグラフィー法とは、コンクリート表面の温度差を熱画像をもって解析することにより、浮きや剥離の箇所を特定する調査方法です。
コンクリート表面近辺に空洞が存在する場合、日射や気温の変化に伴うコンクリート表面の温度上昇あるいは低下の様子が、健全な箇所と比較して変化が激しくなる傾向にあります。
赤外線サーモグラフィー法ではこの健全部と欠陥部とのコンクリート表面の温度差を赤外線カメラで感知して画像化し、該当部位のデジタル画像と比較して浮きや剥離を特定する方法です。
タイル浮き以外にも雨漏り調査等、多数の調査で使用します。

赤外線サーモグラフィー法の特徴として、以下が挙げられます。

  1. 調査用のゴンドラ・高所作業車を必要とせず、作業性、経済性、安全性に優れる。
  2. 非接触で広範囲を短時間で調査できる。
  3. 調査結果を熱映像として記録、保存、再生ができる。

上記の特徴から、打診調査と比べて簡易的ではあるものの迅速な調査が可能となり、速やかな欠陥部の特定が可能となります。

建築設備配管劣化調査

建築設備配管劣化調査 建物の配管や設備の異常をいち早く発見することで、将来のリスクを予測し必要な対策を提案することが配管診断の目的となります。
X線探査、内視鏡(ファイバースコープ)による内部調査、切断サンプリング調査、超音波肉厚測定により、配管の劣化状況の把握、寿命の推定を行い、建物設備改修の時期や手法についての判断材料を提供します。

内視鏡による内部調査については、ファイバースコープを配管等の開口部より挿入して管内面の状況を劣化状況を観察して写真撮影することで、肉眼では視認できない配管内部の様子を観察します。
配管内の汚れや劣化、腐食状況、閉塞状況などの不具合箇所を確認するのに効果的な調査方法です。

切断サンプリング調査は、切断採取したサンプル管の内外面の腐食状況を観察し、記録します。
切断されたサンプル管を弊社に持ち帰り調査することで、使用管材の判定、錆こぶなどの付着物の発生状態の観察、腐食形態の分類などを調べます。
弊社に持ち帰ったサンプル管は研磨剤で一度研磨し、汚れ等を落として内外面の状況を観察し、観察状況および計測値から劣化進行の度合いを判断します。
判断結果を基に各系統あるいはシステム全体として今後の維持保全もしくは更新計画をご報告します。

超音波肉厚測定とは、新設時の管厚や腐食のない状態の管厚の測定値を現在の管と比べ、管内部が腐食し、管が減肉していないかを調査します。
管の外面に探触子(センサー)を当て、超音波厚さ計を使用して鋼内に高い周波数の音(超音波)を発生させます。
管の外側から送られた超音波が管の内側表面で反射されてセンサーに戻ってくるまでの往復の伝播時間を測定し、管の厚さを計測します。

錆こぶ付着部においては、鋼と錆こぶ付着部の境界面で反射する性質があり、この性質を利用して残存肉厚だけを測定します。

雨漏り調査

ガス圧入法 建物内部の雨漏り箇所を推定し、効率的かつ効果的な補修を実施するための事前調査です。
調査方法としてガス圧入法、散水後に赤外線カメラによる温度差調査、蛍光検査液を使用した調査を建物の状況に合わせて使用することで、建物を損傷することなく雨漏り箇所を特定します。

ガス圧入法では建物内部の雨漏り箇所をブルーシートで密封し、青リンゴの香り成分を混ぜた空気をコンプレッサーにて圧入し、青リンゴの香り成分のみを検出する高感度センサーで検出することにより、雨水の浸水起点を特定することができます。

散水および赤外線カメラによる雨漏り箇所の特定調査では、まず外壁等に散水して問題となっている雨漏りの状況を再現することから始めます。
この散水前後に赤外線調査を併用し、赤外線カメラで水が内壁の裏側を通った際に発生する低温部を観察します。
散水前後の熱画像を比較することで、浸水起点と経路の推定を非破壊で行うことができます。

蛍光検査液を使用した調査では、蛍光剤を水に溶かして蛍光液を作成し、雨漏り予想箇所周辺に散布します。
散布した蛍光液の浸水を確認し、雨漏り箇所に到達した蛍光液をブラックライトで目視観察する方法です。
この方法は着色液に比べて検査液の濃度を極力薄くでき、通常光ではコンクリートや部材の着色や発色がほとんどなく、検査液も無害なため安全な検査方法です。