建築・構造物の検査・探査・調査・診断
Jast株式会社ジャスト西日本

ご連絡: 0877-46-7973
受付時間: 9:00 ~ 17:00

土木構造物調査

土木構造物調査 各官公庁から調査依頼のあった指定の橋やトンネル、防波堤等の各種構造物に対する点検や詳細調査を行います。
実際の作業は以下のような手順で行われます。

  • 既往資料の調査
    以前の調査結果や修繕記録を参照し、対象物の損傷状況や補修履歴等の事前情報の確認を行います。
    また修繕工事に伴う精査が必要な場合は、対象建造物の設計図を基に、現地調査の際に実測調査を行います。
  • 現地踏査
    現地調査に先立ち、対象の構造物本体および構造物周辺の状況確認を行い、調査項目、方法、体制等を協議し、スムーズな現地調査ができるよう手配します。
  • 現地調査
    現地踏査にて決定した調査項目や方法等を踏まえて対象建造物を調査します。
    構造形状調査、外観目視調査、打音調査、表面硬度測定、超音波による版厚測定、非破壊による鉄筋探査、アンカーボルトの超音波長さ試験、落橋防止装置の溶接不良調査、鉄筋確認(はつり法)、試料採取(コア法)、現場中性化試験、CCDカメラとレーザー距離計の組合せによる空洞内部調査、Jシステムを用いた損傷状況調査等の対象構造物に適した調査を、ご要望に合わせて行います。
  • 室内試験
    試料採取によって確保したコンクリートコアを試験機関に移送し、各種室内試験を実施します。
    室内試験は対象建造物の状況と破損要因に合わせ、圧縮強度試験、静弾性係数試験、単位体積重量測定、中性化試験、塩分分析等を実施します。
  • 報告書作成
    現地調査により得られた各種データを、損傷図、写真台帳、調査報告書等としてまとめます。
    調査結果は対象物や状況に応じ、寸法調査結果図、現況写真、損傷図、損傷写真、非破壊・微破壊調査結果、室内試験結果等としてまとめた上で報告します。
    点検や調査の結果は国や各都道府県が定める「道路橋マネジメントの手引き」等の作成マニュアルに準拠し作成します。